最新の半導体通販なら種類も豊富

半導体を通販で購入するメリットとは

アイフォンが水没したらすぐに修理へ

without comments

薄くて持ち歩くのにもとても便利なアイフォンですが、ポケットにしまっておいたのを忘れて何かの拍子に落としてしまうことがあります。その落ちた先がお水やお湯だったとき、電源がつかなくなってしまったり画面の中に浸水してきてしまった状態を見たら焦って振ったり電源をつけようとしてみたりと様々な方法を試みてみると思うのですが、そういった場合には振ったり電源をつけたりはせずに修理に出しましょう。様々なことをしてしまうと、かえって液体が侵入してきてしまう場合があります。インターネット等で水没したときの対処法が飛び交っていますが、信じて実行して後悔する前に止めましょう。余計に動かしたりせずに修理に出す等の迅速な対応をすることによって、守れるデータがある可能性もあります。なので、アイフォンが水没してしまったら、素早く修理に出しましょう。

アイフォンの水没の修理を依頼しましょう。

大切なアイフォンを、トイレやお風呂に落としてしまったり、誤って洗濯機に入れてしまって水没させてしまった経験のある人は少なくありません。水に落としてしまった時は、本体を振ったり、電源を入れるのは避けるようにして下さい。アイフォンは水没してしばらく経つと、大切な基盤や電子チップが腐食してしまうため、早めに専門業者に依頼して修理を依頼するようにして下さい。お店では経験豊富なスタッフが在籍をしているので、アイフォンを丁寧に分解して、ダメージを受けている部品の交換をしてくれます。本体の状態によっても多少の違いがありますが、40分から60分程度で修理が終わることが多いです。水没してから短時間の場合は、復旧できることがほとんどですが、数時間を経過していると部品の交換だけでは修理をするのが難しくなるケースもあります。

アイフォンが水没した場合の修理方法

アイフォンのトラブルとして多いものに水没があります。お風呂やトイレなどの水回りで落としてしまう、飲み物をこぼしてしまう、大雨で濡れてしまったなど水没させてしまう原因は様々です。このときに気をつけたいのは気になるからとすぐに電源を入れてしまうことです。電源を入れてしまうとショートしてしまう場合もありますので、電源は入れないようにし、水から引き上げたあとは丁寧に水気をふき取っておきましょう。そして、電源が入っている場合は切っておきます。外側の水分は取り除くことができても、内部に入ってしまった水分は乾かすことは困難ですので、分解したりせず、専門の修理店に依頼しましょう。内部の不具合もしっかり対応してもらうことができますし、安全な修理が行えます。そして依頼する前には大切なデータが保護されるかどうかも確認しておきたいところです。

Written by admin

10月 26th, 2015 at 3:30 pm

Posted in