携帯レンタルの延滞金

我々が何かを借りる時には、返却日に気をつけなければなりません。例えばレンタルビデオ店から、ビデオを借りたとします。もちろん借りたビデオは、返却をしなければなりません。その返却をするものは、期日が決まっています。決められた日までに返却をしなかった場合には、延滞料金が発生してしまう可能性があります。ですのでレンタルをする時には、期日が重要になってくるのです。同じ「レンタル」として、携帯レンタルがあります。携帯をレンタルする時も、実は延滞金があります。延滞金は各会社によって色々と異なっていますが、1つの目安としては1日あたり500円以内の金額がかかっている状況のようです。レンタルビデオ店でビデオをレンタルする時には期日を守ることが重要になってくるわけですが、携帯レンタルでもそれは同様というわけです。

携帯レンタルの延滞金

携帯レンタルの1分毎の通話料金

電話をする時には運転電話料金が発生することになります。携帯電話の料金というのは、固定電話よりは割高にはなっているものです。そして携帯レンタルを用いて通話をする時にも、もちろん通話料金が発生することになります。では果たして、その通話料金はどれぐらいになっているのでしょうか。果たして全ての会社で通話料金は統一されているものなのでしょうか。統一ではありません。会社によって色々です。基本的にレンタルの携帯の通話料金は、1分間あたり幾らという課金設定になっているものです。ランダムにいくつかの携帯レンタルの会社の国内の通話料金を申し上げますと、次のような状況となっています。1分間につき80円前後と190円前後と40円前後と250円前後という通話料金になっています。ですので、会社によって通話料金なども色々と違いがあるわけです。ちなみに上記の通話料金は国内のものですが、国際通話の場合は上記の数字よりも割高になってくる傾向があります。

携帯レンタルは空港での受取りが可能

携帯レンタルのサービスを利用するためには、その携帯の機器を受け取らなければなりません。ところで、この携帯レンタルというものは受け取り方法がちょっと特殊な一面があります。大きくは、3つの受け取り方法があります。まずレンタル会社の中には、店舗を構えていることがあります。その店舗で受け取るという方法が有ります。2つ目は郵送です。そしてもう1つの受け取り方法がちょっと特殊です。空港です。空港には、レンタルの携帯を受け取ることができるカウンターがあります。カウンターで受け取りをすることなども可能なのです。というのも、携帯をレンタルするというのは海外旅行などと関係している一面があるのです。日本で用いている携帯電話は、海外では使えないというケースが多々あります。そのため空港のカウンターで受け取るというケースが非常に多いわけです。ただし全てのレンタル会社がカウンターで受け取れるわけではありませんが。例外もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*